歯周病の治療で口臭が消えた~私の体験談


ここでは、私が実際に行った
歯周病治療の体験をお話しします。


私の歯周病は進行し、歯茎の中に歯石と
奥の奥に膿がたまっていましたので


両方治るまでには
かなりの時間がかかってしまいました。


「意を決して歯医者さんに来たんだし
この際悪い所は全部治してもらおう」。


口が臭い原因を
一気に消してしまいたかったのです。


なので「レントゲンに写った悪い所は
全て治して下さい」とお願いしました。


歯周病の治療をしながら
虫歯や膿の治療もして頂きました。


古い被せ物や、詰め物なども
全て新しくしてもらいましたので
トータルで半年もかかってしまいましたが


「半年後も口臭があるか・無いか」
と考えれば
「無い」がいいに決まっています。


かかった半年は「辛い」というより
「楽しみだった」と言えます。


毎回、少しづつ
口の臭いが無くなっていくのですから。


いっぺんに色々して頂いたので、
歯周病そのものの治療時間(期間)は
正確に分からないのですが


一般的には、初期の段階で
3回~10回位通うのが目安だそうです。


もちろん、中期~末期にかけての場合は
初期症状の段階よりも
通う回数は増えていきます。


重度の場合は
1年以上かかる事もあるそうです。


さて、私の歯周病治療は
どのように進んだかと言いますと


まずレントゲンを撮り
そのレントゲンを一緒に見ながら


「なぜ右の前歯が臭いのか」
という私の質問に、先生が答えてくれました。


実を言うと、ここでいきなりの
衝撃の告白になりますが・・・
私の前歯8本は、差し歯なのです。


うち、神経の無い歯が半分以上。
臭いのする前歯(歯茎)は、
随分前に神経を抜いていました。


その部分をレントゲンでみると
「元神経があった場所」の奥に
膿が溜まっているとの事。


その奥はとても細い「線」のような穴で
その部分の膿を完全に取り除くまでは
先生は随分苦労されたようでした。


「細い線」のお掃除の時は
とんでもない悪臭が漂いました。


いくらマスクをしているとはいえ
あれだけの悪臭ですから
先生も歯科助手さんも、辛かったと思います。


感謝するのと同時に、
「これからはプラークコントロールを
頑張ろう」と決意しましたね。


あの臭いは本当に
しばらく鼻に付いて取れなかったです。


大分お金はかかってしまいましたが
前歯は全部、新しい物に変えて頂きました。


口臭も消え、歯も新しくなり
歯周病の原因の歯石もなくなり
生まれ変わったような気分です。


ちなみに、治療中は麻酔が効いていますので
全く痛くはありませんでした。
口を開けっ放しなので、顎は痛くなりましたが。


完全に新しい歯を装着する前に
一旦仮歯を入れ中の具合を何度か見て
(除菌できたか炎症は治まったか、傷は治ったか等)


OKが出たところで
出来上がった新しい歯を付けました。


通った半年の間、歯磨きの指導を受け
歯石を取り除き、歯も歯茎も
「いかに予防が大事か」を教わりました。


次の項では、この
予防法についてお話ししますね。


「口が臭い」方は歯医者に行き
虫歯と歯周病のチェックをして下さい。


口腔内に病気がある場合、何度歯を磨いても
マウスウォッシュやデンタルリンスを使用しても


臭いが消えるのは一瞬です。


虫歯や歯周病の度合いにもよりますが
ひどければひどい程、本当に「一瞬」ですね。
磨いた直後だけ、口臭が消える感じです。


少しキツイ言い方ですが
見当違いな口臭対策をしていても


時間とお金が無駄になるだけでなく
かえって口臭を悪化させる事もあるのです。


私の体験談が
どうか皆様のお力になれますように。

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索