口臭と足裏反射区~歯周病


口臭に効くツボはあるのでしょうか?
私は以前、足裏反射区療法を習っていました。


「反射区?ツボと違うの?」
と思う方も多いかと思いますので
先にご説明しておきますと


「反射区」とは「面」と表現できます。
一方「ツボ」は「点」といった感じです。


足医術では「足診区」と呼びますが
「点」より「面」の方が広く
刺激しやすいというメリットがあります。


「足は第二の心臓」と言われています。
足の筋肉は多く、その筋肉を動かす事で
ポンプのように血液の循環をよくしてくれるからです。


足の反射区を揉む事で
免疫力や自然治癒力を高め


病気から身体を守る方法が
「足裏反射区療法」と呼ばれるものです。


「リフレクソロジー」や「ゾーンセラピー」
という言い方もありますね。


若い方の間では、リフレクソロジーは
すでに、有名なようですね。
あちこちでお店をみかけます。


リフレは英国式の反射区療法で
あまり痛くないのが特徴です。


私の場合は、漢方医学の先生から
反射区療法を学んでいました。


こちらは正直言って、痛いです。
(悪い所があれば、の話しですが)


反射区療法のすごい所は
足裏への刺激は脳を経由せず
直接内臓や器官に繋がるという部分。


試してみる価値はある!と思いませんか?


それでは、症状別に順を追って
お話しを進めていきますね。
まずは、歯周病に良い反射区からです。


足の裏の人差し指と中指の間の
骨の間の関節の部分にある
「副腎」と呼ばれる反射区です。


上のイラストで位置が解りづらい場合は
下のイラストをご覧下さい。
(水色の◯の部分です)


副腎は炎症を抑えるために押します。
指で骨の位置を確かめてから
30秒ほど強く押してください。


これを数回行います。
1日何回押しても大丈夫です。


ただし足の骨は細いので、
骨を折らないよう気を付けて下さい。


指が反射区に上手く入らなかったり
力が無く、強く押せない場合は


「足ツボ棒」が市販されていますので
使用して構いませんが


位置をしっかり確認してから
棒で押すようにして下さい。


斜め下から棒を差し込んで
関節の中に押しこむように入れると
上手く反射区に入ると思います。


歯の痛みを伴う場合は
副腎の反射区と合わせて
歯と顎の反射区も押します。



足の親指の爪の下の部分です。
爪の下から、親指付け根の間を揉みます。


上半分が上あご、下半分が下あごです。
指の腹や、指を曲げて
第二関節の部分で押してもいいでしょう。

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索