ストレスからくる過食を止める足裏反射区。


今日は過食を止める足裏です。
「過食症を治した方法」でもお話ししましたが
過食の原因は、ストレスがほとんどです。


ストレスに効果的な反射区は
「脳下垂体」です。
足の親指の、真ん中辺りに位置します。


足の親指全体を揉みこんだあと
ここをできるだけ強めにグーッと押します。


また、甲状腺の反射区も
併せて揉みこんであげましょう。


足の親指付け根の下に位置する
やや盛り上がった部分です。


手の親指の腹で、もしくは
指をカギ状にして第二関節でしごきます。


縦に少しづつ移動しながら
硬い部分を揉みほぐします。
溜まった老廃物を、潰す感覚です。


痛くてもできるだけ潰し、
尿で流してあげましょう。


甲状腺はホルモンを分泌します。
異常を起こすと、食べ過ぎや
ダルさなどの症状が出ます。


どうしても我慢できずに過食してしまい
胃が痛い、苦しい、辛いという状態の時は
胃の反射区を揉みこんで下さい。


過食症やストレスには
運動が必要になってきます。


歩く事は足裏を刺激するので、
マッサージ効果も期待できますよ。


「歩くまで」は面倒ですが、
歩いてしまえば気持ちが良いと感じるはず。


私もそうでしたが、過食症は家に
引きこもりがちになってしまいますが


人通りの少ない、静かな河川敷などを
人通りの少ない朝に、散歩してみませんか?


歩く事、外の景色を見る事、
風を感じる事、匂いを嗅ぐことで


少しずつ、気持ちが整理されていくのを
感じてくると思います。

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索