アルコールと口臭の関係


泥酔した時の私の口臭は
「ドブ川の臭い」だったそうです。


これはまだ胃・腸・歯周病等の治療をせず
加えて、ほとんど何も食べずに
ひらすらビールを飲んだ時のお話しです。


病的口臭+生理的口臭+アルコール。


それはドブ川にもなるだろうなぁ・・・と
今ならとても納得できますし


周りにも迷惑かけたなぁ・・・と
反省しきりな思いです。


私が言うのもなんですが
酔っぱらいの口臭って
本当にクサイじゃないですか?


それを友人や周りの人に
「かがせていたんだ・・・」と思うと
消えて無くなりたいと思ってしまいます・・・。


お酒を飲むと「アセトアルデヒド」
という物質が口臭になる原因です。


また、飲むと口が渇く事からも口臭が出ますし
飲み過ぎれば胃を刺激しますから
これもまたクサ~い原因となります。


「アセトアルデヒド」という有害物質は
血流に乗り、肺から呼気として臭いを放ちます。


また、この有害物質は
悪玉菌を増やしてしまうそうなので


悪玉菌が増えれば、腸からの口臭もプラスされますよね!


お酒を分解するには
肝臓が頑張って働いてくれても
丸1日はかかると言われています。


お酒の量が多ければ二日酔いになりますが
二日酔いの口臭は、本当にひどい臭いがしますよね。


子供の頃、泥酔して帰った父の寝息を
朝起こしに行った時に嗅いでしまい
吐きそうになったのを覚えています。


「お酒は適量を守る!」これが
口臭にも身体にも大切な事ですが
それがなかなかできないのが、お酒なんですよねぇ・・・。


アルコールで口が渇き
細菌が増える口臭に関しては
水分を摂る事でかなり軽減する事ができます。


お酒の利尿作用で脱水状態にならないためには、2倍のお水を飲みましょう。


お酒だけ飲む事は避け
必ず何かつまむ事も大事です。


「すきっ腹に酒」は、確実に
「胃からくる口臭」「肝臓からくる口臭」を助長させます。


ちなみに、私がアルコールによる口臭に
効果を感じたのは、りんご、柿、ゴマでした。


牛乳やチーズのような乳製品は
それ自体が口臭の原因になります。


内臓を保護するためなら
乳製品よりもウコンの方がおススメです。


私がお世話になっているのはこちらですが
【第3類医薬品】ヘパリーゼプラスII(180錠)【ヘパリーゼ】


アルコールの分解を早めるので
「飲む前に飲む」のが良いそうです。


飲む機会が増える季節というのは
「口臭がバレる時期」でもあると言えます。


飲み過ぎは確実に口臭がキツくなりますので
くれぐれも注意して下さいね。

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索