「焦げ臭い」は心臓の疲れ?


漢方では
「憂思して心を傷(やぶ)る」
と言われるように


心臓は「怒」「喜」「悲」
「恐」といった、全ての感情から
影響を受けると考えられています。


心臓が疲れてくるとよく汗をかき
冷や汗や脂汗も出ます。


緊張した時や、緊張で心が疲れた時に
背中や脇の下がヒヤッとするのも
そうなんですね。


心臓が「実」の状態になると
左足の親指がやけに肥大したり
ブツブツと独り言が増えたりします。


進行するとうわ言や
ノイローゼ状態になる事も
あるんだそうです。


心臓が強すぎたり、弱すぎたりと
どちらかに傾くと、
身体が焦げ臭くなってきます。


また、ストレスが原因で起きる
症状の一つに「心臓ノイローゼ」があり


これは「心臓神経症」の事で、
イライラして脈が速くなったり


動悸・息切れや、心臓が
痛くなったりもするのですが
これは心臓の異常ではなく


ストレスや過労からくる
「心の病気」と言われています。


実際、かかる方というのは
神経質な性格の方が多いそうです。


狭心症と症状が似ているそうなので
違和感を感じた場合は素人判断せずに
医療機関を受診して下さいね。


心臓の足裏反射区は、
左足の薄いピンクの部分です。


足の人差し指、中指、も合わせて回します。
手のひら、中指、薬指も揉んであげます。


また、手のひらに「労宮(ろうきゅう)」
というツボがあります。

手をフワッと握って、中指がつく所です。
手の真ん中ですね。
手も足も、やや強めに揉んで下さい。


労宮は心臓に働きかける他、
疲れやだるさにもいいですよ。


血行がよくなりますから、
朝起きられない時や


やる気が出ない時などにも
試してみて下さいね。

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
新しい口臭女性の大
このサイトについて
検索